スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年12月 水源の森ワーク 作業案内

秋が深まり、涼しいというより寒いと言うようになってきました。風邪やインフルエンザには気を付けて下さい。
さて、今回のメールは、寄(やどりき)の雑木林他の作業の案内です。11月は都合により作業なし、次回は12月4日(日)にやります。以下、詳細です。

●日時:2016年12月4日(日) 9:30~15:30
※雨の場合は中止、当日朝6:30までに連絡します。

●集合: 9:00 「札場(ふだば)」バス停
※車の方は、バス停のあるカーブからの道を入った先の寄1号橋そばの広い所に停車して下さい。
   
●アクセス:小田急小田原線新松田駅北口3番線より、富士急湘南バス
       松51,52系統「寄(やどりき)」行き 8:25発→8:43札場着

●作業内容:午前 雑木林の下草刈り、蔓草取りなど
        午後 畑の草取り、竹林の手入れなど
※依頼者の都合により、作業内容が変わる場合もあります。

●作業場所:日向山またはテイラ松(午前)
        宇津茂地区の畑または竹林(午後)

●依頼者:弥勒寺部落の佐藤仁さん(地産地消研究会代表)
      宇津茂部落の大舘さん(寄郵便局長)

●持ち物:作業着またはジャージなど、土汚れしてよい服装(必ず長袖)
   
      作業靴(地下足袋が最適、運動靴だと小石や土が入ることあり)
     ※ヤマビルの侵入を防ぐため、足首に隙間を作らないようにして下さい。スパッツなど
      で足首を巻いておくといいかと思います。
      頭に被る手拭い(タオル)または帽子
      軍手
      折り畳み式のノコギリ、剪定バサミ、鎌(道具類は若干の貸出の手配もありますが、
      ある方はお持ち頂けると助かります)
      昼食・飲み物


出欠の連絡や質問などは、以下へお願いします。
●連絡先:やどりき水源の森ワーク 高橋
090-1807-8346
kiyo.ejm@ezweb.ne.jp
kiyo_ejm@shore.ocn.ne.jp

水源の森ワークは里山の営みに参加、皆でコナラ・クヌギの森を育てます。他に畑や竹林など、地域の活性化につながる作業に取り組んでます。

添付の写真は、寄を流れるの中津川です。

1464523396828.jpg
スポンサーサイト

寄(やどりき)が里地里山保全等地域に選定

 私達が里山保全に取り組んでいる足柄上郡松田町の寄(やどりき)が、8月23日に神奈川県の里地里山保全等地域に選定されました。詳細は神奈川県のHP(http:// www.pref.kanagawa.jp/)の、8月23日の神奈川県記者発表資料に載ってます。
 丹沢大山国定公園を背後に抱え、四季の彩りも美しく、集落と一体になった里地里山風景の地域で、住民の高齢化や担い手不足で農地や山林の荒廃が進んでいますが、荒廃地の再生利用活用やハイキングコースの保全などで地域の活性化の機運が高まっているそうです。
 水源の森ワークも、細やかながら地域の活性化の一翼を担ってきたかもしれないです(本当にごくわずかで、微々たるものしょうが…)。






2016年10月 水源の森ワーク 作業案内

彼岸を過ぎ、夜の方が長くなり、少し涼しくなってきました。風邪を引かないよう気を付けて下さい。
さて、今回のメールは、寄(やどりき)の雑木林他の作業の案内です。以下、詳細です。

●日時:2016年10月30日(日) 9:30~15:30
※雨の場合は中止、当日朝6:30までに連絡します。

●集合: 9:00 「札場(ふだば)」バス停
※車の方は、バス停のあるカーブからの道を入った先の寄1号橋そばの広い所に停車して下さい。
   
●アクセス:小田急小田原線新松田駅北口3番線より、富士急湘南バス
       松51,52系統「寄(やどりき)」行き 8:25発→8:43札場着

●作業内容:午前 雑木林の下草刈り、蔓草取りなど
        午後 畑の草取り、竹林の手入れなど
※依頼者の都合により、作業内容が変わる場合もあります。

●作業場所:日向山またはテイラ松(午前)
        宇津茂地区の畑または竹林(午後)

●依頼者:弥勒寺部落の佐藤仁さん(地産地消研究会代表)
      宇津茂部落の大舘さん(寄郵便局)

●持ち物:作業着またはジャージなど、土汚れしてよい服装(必ず長袖)
     ※白っぽい服をお勧めします。黒に近い色のものにはハチが寄ってくる危険性があり
      ます。
      作業靴(地下足袋が最適、運動靴だと小石や土が入ることあり)
     ※ヤマビルやダニの侵入を防ぐため、足首に隙間を作らないようにして下さい。スパッ
      ツなどで足首を巻いておくといいかと思います。
      頭に被る手拭い(タオル)または帽子
      軍手
      折り畳み式のノコギリ、剪定バサミ、鎌(道具類は若干の貸出の手配もありますが、
      ある方はお持ち頂けると助かります)
      昼食・飲み物


出欠の連絡や質問などは、以下へお願いします。
●連絡先:やどりき水源の森ワーク 高橋
090-1807-8346
kiyo.ejm@ezweb.ne.jp
kiyo_ejm@shore.ocn.ne.jp

水源の森ワークは里山の営みに参加、皆でコナラ・クヌギの森を育てます。他に畑や竹林など、地域の活性化につながる作業に取り組んでます。

信玄堤

 夏休みを利用して、山梨県甲斐市~南アルプス市の釜無川と御勅使(みだい)川に残っている信玄堤を見学しました。 
 戦国時代の甲斐国は釜無川や笛吹川などの暴れ川による水害が多く、武田信玄の命により堤防が築かれました。当時の日本には鉄やコンクリートを使った土木技術などなく、土木材料は石と木、土だけでした。試行錯誤を繰り返し、明治時代に大規模な決壊するまで350年も壊れなかった丈夫な堤防でした。石積みが基本で、御勅使(みだい)川が釜無川に合流する所を移動させて高岩という崖に流れをぶつけ、釜無川では切れ目のある石積み堤防で洪水の力を弱める仕組みになってます。
 信玄堤の特徴は、自然の力を利用して洪水の力を柔らかく受け流すことです。現在の土木技術は洪水を力ずくで押さえつけるものですが、当時の柔らかく受け流す技術を見直す必要があると思います。


1471088387513.jpg
1471088425064.jpg
1471088437141.jpg
1471088452160.jpg

2016年8月 水源の森ワーク 作業案内

すっかり暑くなりました。日影や冷房が恋しくなる、今日この頃です。熱中症には気を付けて下さい。
さて、今回のメールは、寄(やどりき)の雑木林他の作業の案内です。以下、詳細です。

●日時:2016年8月21日(日) 9:30~15:30
※雨の場合は中止、当日朝6:30までに連絡します。

●集合: 9:00 「札場(ふだば)」バス停
※車の方は、バス停のあるカーブからの道を入った先の寄1号橋そばの広い所に停車して下さい。
   
●アクセス:小田急小田原線新松田駅北口3番線より、富士急湘南バス
       松51,52系統「寄(やどりき)」行き 8:25発→8:43札場着

●作業内容:午前 雑木林の下草刈り、蔓草取りなど
        午後 畑の草取り、竹林の手入れなど
※依頼者の都合により、作業内容が変わる場合もあります。

●作業場所:日向山またはテイラ松(午前)
        宇津茂地区の畑または竹林(午後)

●依頼者:弥勒寺部落の佐藤仁さん(地産地消研究会代表)
      宇津茂部落の大舘さん(寄郵便局長)

●持ち物:作業着またはジャージなど、土汚れしてよい服装(必ず長袖)
     ※白っぽい服をお勧めします。黒に近い色のものにはハチが寄ってくる危険性があり
      ます。
      作業靴(地下足袋が最適、運動靴だと小石や土が入ることあり)
     ※ヤマビルの侵入を防ぐため、足首に隙間を作らないようにして下さい。スパッツなど
      で足首を巻いておくといいかと思います。
      頭に被る手拭い(タオル)または帽子
      軍手
      折り畳み式のノコギリ、剪定バサミ、鎌(道具類は若干の貸出の手配もありますが、
      ある方はお持ち頂けると助かります)
      昼食・飲み物


出欠の連絡や質問などは、以下へお願いします。
●連絡先:やどりき水源の森ワーク 高橋
090-1807-8346
kiyo.ejm@ezweb.ne.jp
kiyo_ejm@shore.ocn.ne.jp

水源の森ワークは里山の営みに参加、皆でコナラ・クヌギの森を育てます。他に畑や竹林など、地域の活性化につながる作業に取り組んでます。

添付の写真は、寄神社の大杉です。樹齢は500年位です。

1466921345279.jpg  1466921365016.jpg
プロフィール

やどりき水源の森ワーク

Author:やどりき水源の森ワーク
水源の森ワークは里山の営みに参加、みんなでクヌギ・コナラの「森」を育てます。ご参加お待ちしております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。